交通事故に遭ったら、連絡頻度の高い弁護士を味方につけよう!

交通事故に遭った場合、加害者との交渉をいかに上手に進めるかで、その後の結果が全く違ってきます。自分に法律知識がない場合は、弁護士に依頼するのがやはり無難です。しかし、弁護士を選ぶときに、一つ基準にしてほしいことがあります。

頻繁に連絡を取ってくれるかどうかです。なぜ、頻繁な連絡が必要なのか、説明しましょう。

最初の依頼はできるだけ早くすること

連絡を頻繁にとる話をする前に、なぜ弁護士に依頼する必要があるのかについて考えてみましょう。交通事故と一言で言っても、自分が加害者か被害者かで、若干状況は違ってきます。加害者だった場合、自動車保険に加入していれば、その範囲内で損害賠償をカバーできることも多いです。

実際の対応は、保険会社や保険会社を通じて手配した弁護士がやってくれるため、任せられる部分も大きくなります。しかし、被害者になった場合、少々厄介です。その代表的な例が、「被害者側の過失割合が0%」だったケースで、加害者側の保険会社が被害者の過失を主張してくることも少なくありません。

あくまで、保険会社は営利企業=儲けを出さなくてはいけない立場である以上、損害賠償金の支払いはなるべく安くしたいと考えています。そこで、被害者の過失を主張してくるのです。さらに、被害者側との保険会社の関係においても、扱いが難しくなります。

被害者側の保険会社は一切の支払いをする必要がなくなるため、示談代行もしてくれません。こうなってしまうと、自分だけで保険会社の担当者と交渉するのはかなり難しくなります。やはり、法律の専門知識と交渉の技術を身に着けた弁護士を味方につけたほうがいいでしょう。

実際に加害者になるか、被害者になるかはその時の状況次第ですが、トラブルに巻き込まれた時点で、早急に弁護士を手配しましょう。

連絡を取ることで、手続きがスムーズに進む

交通事故によって、被害者に何がもたらされるかは様々です。最悪のケースでは、命を落としてしまうこともありますし、逆に、軽傷で済み、すぐに仕事や学校に復帰できることもあります。さらに、一命はとりとめたけど、後遺障害が残る場合、注意が必要になります。

障害が原因で仕事を辞めなくてはいけなかったり、家のリフォームをしたりなど、追加で支出が必要になるかもしれないためです。そのような状況を踏まえ、損害賠償がいくらあればいいのかを慎重に考えることが、交通事故の示談におけるポイントとなります。

まずは、弁護士に状況を的確に伝え、判断を仰ぐのが大事です。しかし、交通事故に遭った当初は、冷静に状況を伝えるのは難しいこともあるでしょう。自分や家族がけがをしていたり、万が一亡くなってしまった場合は、しばらくは冷静になれないかもしれません。

そういうときこそ、緊密にコミュニケーションをとれるかどうかで、弁護士に状況を理解してもらえるかが左右されます。自分から積極的に連絡を取るのも大事ですが、弁護士からも積極的に連絡をしてもらうよう、働きかけましょう。

交通事故の案件に慣れている弁護士を選ぼう

それでは、どんな弁護士なら連絡頻度を高くしてくれるのでしょうか?考えてみてほしいのは、「その弁護士の専門分野」です。ひとくくりに弁護士といっても、あらゆる分野のトラブルを得意としているわけではありません。

M&Aなど、企業法務の分野に強い弁護士もいれば、離婚・男女間のトラブルなど、家族問題に強い弁護士もいます。そのような弁護士が交通事故に強いとは限りません。中には、「弁護士になって以来、交通事故の案件を一度も手掛けたことがない」という弁護士もいるのです。

交通事故の案件に強くない弁護士の場合、「依頼者に頻繁に連絡を取る」ことをそれほど重要視していない場合もありえます。もちろん、依頼する側から申し出れば、連絡を取ろうとしてくれる弁護士も多いでしょう。しかし、最初からスムーズにコミュニケーションを取りたいなら、交通事故の案件に慣れている弁護士を選ぶほうが得かもしれません。

連絡を取りやすくする工夫をしよう

そして、弁護士と頻繁に連絡を取ってもらうようにするためには、依頼する側からも、配慮をするのが必要です。相談内容を的確に伝える工夫はしておきましょう。まず、必ずやってほしいのが、自分自身や家族の記憶を整理することです。

手書きでメモを作ってもいいですし、パソコンでまとめてもかまいません。大事なのは、「いつ、何がどうなったのか」がわかるようにすることです。また、相手方から届いた書類やメールがあれば、すべて持っていきましょう。

一見、なんてことはない文章であっても、専門家から見たら、重大な証拠になる可能性もあり得ます。そして、「自分は何を知りたいのか」を事前にまとめておきましょう。弁護士にとっても、「依頼者が何を知りたいのか」がわかれば、スムーズに連絡を取れるようになります。

どうしてもうまくいかない場合は

自分でできることはやったとしても、頻繁に連絡を取ってくれなかったり、その他の対応にも不満が残る弁護士に当たったりすることはあるはずです。「もっとこうしてほしい」という希望を伝えれば改善されるケースもありますが、絶対大丈夫と言い切れないのも事実です。

このように、どうしてもうまくいかない場合は、弁護士を変更するのも一つの手段でしょう。交通事故の示談も含めて、弁護士に依頼する場合は、委任契約となり、一方的に解消することが可能です。

交通事故は場合によっては、大切な人がいなくなるほどの精神的苦痛を伴うものです。

「この人なら信頼できる」と思える弁護士を選ぶかどうかで、精神的苦痛が和らぐこともあれば、より増してしまうこともあり得ます。どうしても合わないと思ったら、無理に続ける必要はありませんし、自由に変更できます。

ただし、次の2点には注意してください。まず、依頼してから日がたっていて、何等かの費用が発生する対応をすでに行ってしまった場合は、時間に猶予がある状態で解約してください。契約の内容によっては、損害賠償請求をされてしまう恐れがあります。

契約する際に、解約をした場合の扱いについても説明があるはずなので、必ずチェックしておきましょう。また、解約前に別の弁護士に依頼するのもよくありません。特に、自動車保険の弁護士費用特約を使っていた場合、注意が必要です。

一度、保険会社に弁護士を変更したい旨を伝えたうえで、前の弁護士を解約し、新しい弁護士と契約するようにしてください。

参考サイト→交通事故専門の弁護士 … 弁護士法人アディーレ法律事務所 ... https://www.ko2jiko.com/